対応 その3

どうしても顔を合わせたくない場合や、ただ面倒くさい時は、
インターホンには出るが、玄関先に出ない。

 

やっぱり怖いんですって人にはこの対応でもアリです。

 

メリット
・断り方に詰まったらインターホンを切れば強制終了可能。
・訪問販売は何であろうと断るって決めている人には短時間で済む。

 

デメリット
・強制終了出来ない人は、逆に時間がかかります。
・詳しい話が聞けない。
・営業マンがこのままでは出てこないと判断して帰った場合、また来る。

 

訪問販売員は面と向かって話さなければ、アポ(アポイント)を取るのは難しいことを知っていますので、何とか玄関先に出そうとトークを駆使しますし、出せない場合は出てくる人がいる時に出直そうと考えます。

 

例えばこんな感じ

 

なんですか?→その説明がしたかったので、玄関先までお願いします。

 

出ないとダメですか?→地区担当になった顔合わせ的な意味もあったんで、すぐ済ませます。

 

そこで説明してください?→お渡しモノもあったので、ちょっとだけお願いします。

 

天ぷら揚げてるので出れません。→お忙しいところ申し訳ありません。改めてお伺いいたします。

 

しばらくしてまた来る。

 

今から出かけるので出れません。→お伝えしなければいけないことがあったので、またお伺いします。○○時頃はいらっしゃいますか?(○○時はご主人さんが帰って来てそうな時間で言います。)

 

営業マンは嘘の断りが来たとしても、「いやいやそれ嘘でしょ?」とは言えません。嘘言ってるとわかっていても、本当だとして対応しないといけないルールなんです。

 

嘘の断りに完璧な切り返しをしても、お客さんには全く響きません。(だって嘘なんだもん。)

 

営業マンの立場での私個人の意見ですが、また来なきゃいけなくなるようなあいまいな断りよりも、バッサリ断ってくれといつも思っていました。

 

じゃあ、また来なきゃいいじゃん!
→何度も言いますが、来なきゃいけないのが会社のルールなんです!

関連ページ

対応 その1
こうすればいいって書いているサイトが多いですね。
対応 その2
おすすめの対応方法です。

訪問販売 ブログ